女性育毛シャンプー【地肌ケアにおすすめのシャンプーを紹介】

女性の育毛対策に欠かせない地肌ケア

女性の頭皮は男性に比べ乾燥しています。乾燥していると紫外線などの外部刺激を影響を受けやすく、フケ、湿疹、炎症などの原因となります。頭皮に炎症が起こると毛穴が詰まりやすくなり、髪の毛の成長力が弱くなってしまいます。



頭皮トラブルの改善の為に使用したいのが女性育毛シャンプーです。育毛シャンプーというのはアミノ酸洗浄成分を使用しています。市販のほとんどのシャンプーは石油系合成界面活性剤を使用しています。安価なのがメリットですが、洗浄力が強く、頭皮に強い刺激を与えます。頭皮に刺激を与える結果、フケやかゆみ、湿疹などを引き起こす事があります。

洗浄力、刺激の強いシャンプーを使用していると、皮脂を取り過ぎてしまいます。皮脂には水分保持と外部刺激をブロックする役割があります。皮脂が減ってしまうと、頭皮が敏感になり、フケや痒み炎症が出やすくなります。洗浄力の優しい育毛シャンプーを使用することで皮脂を適度に落とし、地肌を健やかに保ちます。

女性育毛シャンプー おすすめBEST5

順位 商品名 主な効果 商品詳細
マイナチュレシャンプー
2,840円~
200ml
29種類の成分を配合
アミノ酸洗浄成分で優しく頭皮を洗浄。さらに保湿作用のあるヒアルロン酸や植物エキスなど合計29種類の成分を配合し、頭皮をしっかり保湿。
花しゃん
2,835円~
300ml
エビネエキス、乳酸配合
血流を改善するエビネエキスを配合し、頭皮を活性化するアミノ酸シャンプー。乳酸が汚れをしっかり落とし、フケや痒みを防止。
うるおって
2,520円
260ml
ホホバオイル配合
ホホバオイルで乾燥しやすい頭皮をしっかり保湿するアミノ酸シャンプー。さらに和漢エキスと精油成分で頭皮を整えます。
ウーマシャンプー
3,800円
300ml
馬油を配合して血行促進
不飽和脂肪酸をたっぷり含んだ馬油を配合したアミノ酸シャンプー。スルホン酸洗浄成分配合で洗浄力は強め。脂っぽい頭皮におすすめ。
アルガンk2シャンプー
3,980円
300ml
アルガンオイルで頭皮活性化
保湿作用、血行促進作用のあるアルガンオイルを配合したアミノ酸シャンプー。さらに、14種類の植物エキスを配合し、頭皮環境を改善。

女性育毛シャンプー「マイナチュレシャンプー」のポイント

アミノ酸で優しく洗浄
女性の頭皮は年齢と共に乾燥しやすくなり、皮脂を取り過ぎると乾燥し、フケや痒みが出やすくなります。フケには細菌が繁殖しやすく、抜け毛の原因となる毛穴づまりを引き起こします。アミノ酸シャンプーなら頭皮に刺激を与えず、適度に皮脂を落としながら洗浄します。
植物エキスで頭皮活性化
マイナチュレには血行促進作用のあるセンブリエキス、トウキ根エキス、ショウガ根エキスなどを配合。代謝を活性化して頭皮を活性化します。その他にも抗酸化作用のあるワイン酵母エキスや茶エキスを配合し、皮脂の酸化や地肌の老化を抑制して抜け毛を予防します。
ノンシリコンでも髪しっとり
マイナチュレシャンプーはノンシリコンです。シリコンは髪の毛にツヤを出し、指通りを良くしてくれます。ただ、頭皮にも膜を作ってしまう可能性があります。ノンシリコンは一般的に髪がぱさつくイメージがありますが、洗いあがりもキシミやゴワつきはありません。

女性育毛シャンプー「マイナチュレ」 商品詳細

マイナチュレはアミノ酸洗浄成分で頭皮を優しく洗います。刺激を与える石油系界面活性剤やスルホン酸ナトリウムなどは使用していません。皮脂を適度に落としながら、毛穴の汚れを吸着して洗い流します。無添加、ノンシリコンで女性育毛シャンプーの中でも非常に人気です。

また、マイナチュレには29種類もの植物エキスを配合。血流を改善するセンブリやトウキ根エキスをはじめ、抗酸化作用のあるワイン酵母、茶葉エキス、炎症を抑制するグリチルリチン酸2kなどを配合。頭皮を活性化しつつ、髪の毛の成長を阻害する要因を取り除きます。
金額 定期:2,920円/送料無料
単品:3,434円/送料650円
成分 アミノ酸、センブリエキス、グリチルリチン酸2kなど
効果 フケ、カユミ防止、毛穴の汚れ吸着、抜け毛予防

アミノ酸シャンプーで育毛サポート

シャンプーには高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系があります。市販の多くのシャンプーは合成界面活性剤を配合した高級アルコール系です。合成界面活性剤にはラウリル硫酸、ラウレス硫酸などがあり、洗浄力が非常に強いという特徴があります。

女性の頭皮は男性に比べると乾燥しています。年齢とともに皮脂が減り始め、乾燥肌、敏感肌になってきます。その状態で、洗浄力の強い高級アルコール系シャンプーを使うと、皮脂や角質細胞間脂質を必要以上に取り除いてしまいます。



頭皮にある脂質を非常以上に分解することで、紫外線やアレルゲンなどの外部刺激をうけやすくなります。その結果、ヒスタミンなどのカユミの原因が細胞から放出されてしまいます。さらに、ターンオーバーが乱れてフケや炎症が出やすくなります。

アミノ酸系シャンプーは頭皮を優しく洗うことで、フケやカユミを防止し、頭皮を健やかに保つ効果があります。アミノ酸シャンプーの中にはオレフィン(C14-16)スルホン酸Naという洗浄成分が入っているタイプがあります。オレフィンスルホン酸naも洗浄力、脱脂力が強いため、乾燥肌、敏感肌には刺激が強めです。脂性肌の人には問題ありません。

アミノ酸シャンプーで最も売れているのはスカルプDです。女性育毛シャンプーでは「スカルプD ボーテ」が販売されています。その他にウーマシャンプーなども人気です。ただ、ウーマシャンプーにはオレフィン(C14-16)スルホン酸Naが配合されているため、刺激は強めです。スカルプDやマイナチュレシャンプー、花しゃんなどはアミノ酸洗浄成分飲みを配合しています。

アミノ酸シャンプーのデメリットは値段の高さです。市販のシャンプーが1,000円前後ですが、アミノ酸洗浄成分のみを使用したシャンプーの多くは3,000円から4,000円程度です。また、脂性の人には物足りないと感じるかもしれません。皮脂を取り過ぎず、かゆみなどを防止するためです。育毛剤などを浸透しやすくする作用もあります。