女性育毛シャンプー【地肌ケアにおすすめのシャンプーを紹介】

アミノ酸シャンプーで育毛サポート

シャンプーには高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系があります。市販の多くのシャンプーは合成界面活性剤を配合した高級アルコール系です。合成界面活性剤にはラウリル硫酸、ラウレス硫酸などがあり、洗浄力が非常に強いという特徴があります。

女性の頭皮は男性に比べると乾燥しています。年齢とともに皮脂が減り始め、乾燥肌、敏感肌になってきます。その状態で、洗浄力の強い高級アルコール系シャンプーを使うと、皮脂や角質細胞間脂質を必要以上に取り除いてしまいます。



頭皮にある脂質を非常以上に分解することで、紫外線やアレルゲンなどの外部刺激をうけやすくなります。その結果、ヒスタミンなどのカユミの原因が細胞から放出されてしまいます。さらに、ターンオーバーが乱れてフケや炎症が出やすくなります。

アミノ酸系シャンプーは頭皮を優しく洗うことで、フケやカユミを防止し、頭皮を健やかに保つ効果があります。アミノ酸シャンプーの中にはオレフィン(C14-16)スルホン酸Naという洗浄成分が入っているタイプがあります。オレフィンスルホン酸naも洗浄力、脱脂力が強いため、乾燥肌、敏感肌には刺激が強めです。脂性肌の人には問題ありません。

アミノ酸シャンプーで最も売れているのはスカルプDです。女性育毛シャンプーでは「スカルプD ボーテ」が販売されています。その他にウーマシャンプーなども人気です。ただ、ウーマシャンプーにはオレフィン(C14-16)スルホン酸Naが配合されているため、刺激は強めです。スカルプDやマイナチュレシャンプー、花しゃんなどはアミノ酸洗浄成分飲みを配合しています。

アミノ酸シャンプーのデメリットは値段の高さです。市販のシャンプーが1,000円前後ですが、アミノ酸洗浄成分のみを使用したシャンプーの多くは3,000円から4,000円程度です。また、脂性の人には物足りないと感じるかもしれません。皮脂を取り過ぎず、かゆみなどを防止するためです。育毛剤などを浸透しやすくする作用もあります。